日本 結婚観 変化 若者 結婚離れ 事実婚 増加

  • 昔とはちがう?若者の結婚事情
  • 事実婚のメリットとデメリット

海外では当たり前のように事実婚カップルがいますが、日本でも最近は結婚ではなくあえて、事実婚というかたちを選ぶカップルが増えています。

そんな事実婚は、結婚と何が違うのでしょうか。

今回は、そんな若者の事実婚事情についてお話ししたいと思います。

昔とはちがう?若者の結婚事情

生涯独身というスタンスが増えている

キャラ

昔は、男女の役割がきちんとあり男性は結婚し家族を養い、女性は男性をサポートし家族を支えるかたちが当たり前でした。

しかし今の時代、女性でも立派に生活設計を立てる事ができ、逆に男性の収入を超える女性も少なくありません。

つまり、昔”当たり前”とされていた男女のあるべきかたちは、明らかに変わってきているのです。

こういった事から、今の若者の半数が”生涯独身というかたちもあり”と考えていると言われています。

そんな中、男女はいつの時代も出会い恋をします。

しかし、あえて”結婚”というかたちに拘らなくとも良いというスタンスが生まれ、結婚にメリットを見出せない若者が急増し始めているのです。

海外では事実婚は当たり前?

キャラ

海外では、日本よりもいち早くこの”事実婚”は当たり前のように受け入れられています。

また、有名セレブなども長く付き合いながらも、それぞれの価値観や時間を大事にしながら、”結婚”といった形式にとらわれず、幸せに暮らしているといった情報もメディアを通して、周知されていますよね。

日本でも”事実婚=洗練された大人のスタイル”といった、ポジティブなイメージが付いたこともあり、人気が高まっています。

また、結婚はどこか義務感が付きまとうのに対し、事実婚であれば何かに縛られていない関係でも強く結びつき、共に助け合い生きている印象がある為、”結婚というかたちは古い”といった考えが浸透し始めているのです。

結婚の成功例が低い

キャラ

以前は、離婚に対する世間の目は厳しいものだったので、簡単に離婚をする人はいませんでした。

しかし、今の時代バツイチと聞いても驚く人は少なく、離婚に対するイメージがそこまで悪くなくむしろ、完全に未婚で年を重ねている人よりは良いとされている部分もありますよぬ。

それに伴い、結婚してもすぐに離婚をするカップルも増え、日本でも3組に1組は離婚していると言われています。

確かに、自身の周りでも結婚し離婚した話は当たり前のようにありますよね。

もちろん、結婚して幸せなカップルもいますが、あえて結婚をしなくとも幸せなカップルはいるのです。

しかし、結婚しなければ離婚しなかったというカップルがいるのは事実で、益々結婚に対するイメージは良いものではなくなっているのです。

事実婚のメリットとデメリット

事実婚のメリット

義務感がない

キャラ

結婚をしても、気持ちはとっくに冷めているのに、ただ”結婚”してしまったから一緒にいる夫婦は少なくありません。

このように、結婚とは紙切れ一枚の問題であるのに、見えない鎖で繋がっているという義務感が付いてきます。

しかし事実婚は、公的に縛られることもなければ、妥協もなく至って自由な関係性でありながら、それでも事実婚はパートナーと生きていきたいからこそ一緒にいる関係性です。

つまり、結婚の方が重みを感じる人もいますが、実際のところは事実婚の方が関係性や絆が強いことが多いのです。

面倒な事がない

キャラ

結婚するのは紙切れ一枚で可能ですが、離婚は違います。

一度、離婚を経験した人はわかると思いますが、結婚により姓が変わり公的なものを変え、その後離婚をするとまず手続き変更に大きな労力を使います。

また、結婚し籍を入れるという事は、当然離婚すると戸籍にバツが記載されます。

このように、離婚率が上昇している今の世の中、離婚した場合も想定して結婚を考えてみることは必要な事であり、そう考えてみた時に、事実婚はシンプルでありながらだからといってお互いにきちんと責任意識を任意で持つことができる、とても素敵な関係性であると言えるのです。

新鮮感が続く

キャラ

このように事実婚自体は、関係性を保証する部分が少なく、どちらかの気持ち次第ですぐに解消できる関係性です。

しかし、結婚してから変わってしまう夫や妻に悩んでいる人って、実はとても多いですよね。

これは、結婚したからこそパートナーに対する甘えや緩みが原因と言われています。

つまり、”結婚したから離婚はしないだろう”という変な安心感が、パートナーを蔑にしたり新鮮感を感じなくなってしまう原因となっているのです。

しかし事実婚であれば、”生涯を共にするパートナー”とし相手を認めている上で、お互いの事を尊重し共存する意識を強く持つようになります。

もちろん、関係性の解消も結婚とは違い気持ち一つなので、それが逆に互いにとって良い意味で緊張感となり、いつまで経っても、良い関係性を築くことができるのです。

事実婚のデメリット

公的な権利が低い

キャラ

結婚していると、”妻”や”夫”であるからこそ、権利を認められるシーンは多々ありますよね。

例えば、緊急時に通常の夫婦と同じ関係性を証明するものがなかったり、賃貸契約も夫婦や婚約者であればOKでも、事実婚は単純に同棲とみなされることもあり、同棲相手ではNGというところも少なくありません。

また、相続問題などにおいても事実婚では財産分与はないのが現状です。

更に、仮に不倫等のトラブルがあったとしても、正式な”妻”出ない限り慰謝料の権利は難しいと言えます。

このように生活をしていく上で、正式な妻や夫でなければ、事がスムーズに進まないシーンは多く、そういった意味では事実婚がデメリットと言えるでしょう。

周りの理解

キャラ

いくら未婚率が上がっているとはいえ、「結婚ではなくて事実婚をしたい」と言って、すぐに理解してくれる人は少ないのではないでしょうか。

確かに、”なぜ結婚ではダメなの?”という疑問が生まれるのはごく自然な事かもしれません。

確かにそうですし、ある意味結婚に対する価値の違いなので、話し合っても答えが出ない問題ではありますが、一般的には結婚とは、互いに責任感を示す一つのかたちともいえる為、それに比べ事実婚は”無責任な関係性”と受け取る人も少なくないのです。

また、仮に熟年と呼ばれる男女が事実婚を選ぶのはまだ理解ができますが、若者で事実婚を選ぶことにすぐ賛成してくれる両親は、まだ少ないと言えるでしょう。

二人の子供にはならない

キャラ

事実婚をしているカップルでも、子供が欲しいと思っている人々は多いと思います。

しかし、正式な結婚ではない為、仮に二人の間に子供が産まれても、女性側の子供として見なされ二人の子供としては見なされる事はないのです。

つまり、男性側は”認知”というかたちで子供との関係性を示す事はできますが、それが子供にとって将来良い事かは賛否両論です。

このように、事実婚は二人の問題で考えた時はメリットになる事も多いですが、事実婚の法律もまだまだしっかり整っていない現代では、デメリットもある事は事実です。

さいごに

いかがでしたか。今の世の中、「結婚は?」と聞かれると普通に「事実婚です」という時代にすでになっているので、他人事ではありませんよね。
キャラ

しかし、結婚にもメリットとデメリットがあるように、事実婚にもあるので、よく考え何が一番ベストかを 見極める事が大切です。

どちらにしても、まずは自身が生涯を共にできるパートナーを見つけ、そこから二人で一番よいかたちを選択できると良いですね。

中高年での恋愛や結婚に関する悩みについては、以下のブログ記事も参考にしてみてください。

>>30代でも結婚できない女の特徴5選!婚活に来る女はバカばかり?

>>彼氏・彼女の理想的な経験人数は?少なすぎても多すぎても気まずい?

>>30代で婚活してる男性は売れ残り男?30代だと婚活しても厳しい?

>>売れ残り女の末路とは?30代女性が婚活しても結婚するのは厳しい?

中高年 シニア オススメ 婚活 中高年 シニア オススメ 婚活アプリ