50代 恋愛事情 デートで割り勘はありですか

  • これが本音!デート中相手にガッカリするシーンとは?
  • 50代デートを割り勘にする男性の理由とは?
  • 50代大人のデートだからこそスムーズにしてほしいポイントとは?

デート中の支払いは、男女共に価値観がちがいます。

”失敗してしまった”という体験を持つ人は、男女共に多いのではないでしょうか。

特に50代という大人のデートでは、どうすればスマートに見えるのでしょうか。

今回は今、特に婚活需要の高い50代にスポットを当てて考えてみたいと思います。

これが本音!会計の時ガッカリするシーンとは?

50代 恋愛事情 割勘 デート

男性編

割り勘

キャラ

50代と言えば、それなりに仕事もあり収入のある人がほとんどですよね。

女性からすれば割り勘ではなく男性に全てリードしてもらいたいポイントです。

 

また、割り勘デートは学生のイメージもあるので、テンションが一気に下がってしまいますよね。

 

女性は男性が全て払ってくれることで、自分への愛情や好意を感じます。

 

全額支払うのはどうしてもイヤだというのであれは、せめて場所ごとでどちらかが払うようにしましょう。

 

同じ割り勘でも、スマートな方が女性には好印象です。

 

「◯◯円でいいよ」という

キャラ

一部だけ女性に請求するケースをたまに見かけます。

これは割り勘ではありません。

 

男性なりの気遣いなので良いのですが、「○○円でいいよ」と偉そうに言われるのは、少し違いますよね。

 

女性としては”たかが2,000円程度なら、見栄を張ってでも全額払ってほしい”というのが本音です。

クーポンや割引券を活用する

キャラ

会計の際、少しでも安くしたいです。

友人同士でならクーポンや割引き券も良いでしょう。

 

しかし大人のデートにおいて、会計時にクーポンを利用されると興ざめしてしまいますよね。

 

お得なのはわかりますが、そういったものは大人のデートにふさわしいとは言えないのです。

 

どうしても利用したいなら、事前に予約しその時にお店に伝えておくなど工夫しましょう。

 

女性編

50代 恋愛事情 割勘 デート

会計時にトイレに行く

キャラ

男性は意外と冷静に見ているものです。

食事から数時間たち、会計時間に差し掛かるときの行動を男性も気にしています。

 

そんな時あえてトイレに立つ女性は、男性から見ると”計算高いなぁ”と感じる人も少なくないのです。

 

男性は自分が支払うつもりでいるのに、そんな姿をみるとガッカリしてしまうのです。

 

財布を出さない

キャラ

支払おうとすることも大切です。

女性が男性に支払ってもらい、愛情や好意を感じるのと同じように、男性も金額ではなく、女性の払おうとする姿勢に、謙虚さや温かさを感じるものです。

 

しかしお会計になっても、伝票が置かれても知らぬふりでお財布をだす気配もありません。

 

 

それは完全に男性の役割と言わんばかりの態度をとられると、男性も腹が立つものです。

 

 

それなりに歳を重ねた大人の女性であれば、”今までどんな付き合い方をしてきたのだろう”と、疑問にも思います。

 

50代デートを割り勘にする男性の理由とは?

50代 恋愛事情 割勘 デート

単純にケチである

キャラ

もっともシンプルな理由でケチである。

 

男性でケチは、絶対モテない条件の一つとしてよく挙げられますが、まさにそういったタイプです。

 

特に、50代で離婚歴があったり、50代まで未婚の場合、その理由はケチだからなのかもしれません。

 

一円単位まで細かく割り勘にする人はまちがいなくケチだと言えるでしょう。

 

老後に備えている

キャラ

50代と言えば、老後も心配になる頃。

老後や自身の身体についても真剣に考えている人が多いと思います。

 

結婚相手や恋人は欲しくても、今の時点で信じられるのはお金だけです。

 

シビアに貯金している男性はどうしても割り勘を希望するのかもしれません。

 

奢るのは逆に失礼と考えている

キャラ

50代と言えば、女性も自立している年齢です。

自立している大人の女性に、すべてを奢るという事は逆に失礼だと考えている男性は、意外に少なくありません。

 

むしろ、”奢る事は相手を下に見ていると考えている”と捉える人もいるのです。

 

あえて対等にしようと努めた結果、割り勘となっている場合もあります。

 

本命ではない

キャラ

男性は、本命の女性には見栄を張りたいもの。

しかし50代の恋愛は今までの経験上、なかなか相手に本気になれない人も多いのです。

 

嫌いではないけれど、本命と言える相手ではなかったり、複数いるうちの一人であれば、いちいち全額奢っていては身が持ちませんよね。

 

見栄を張る必要もない相手であれば、割り勘もありなのです。

 

いままで割り勘の恋愛だった

キャラ

これまでずっと割り勘だった。

50代になる迄の恋愛が、割り勘のスタイルであった場合。

 

それを見直す機会もなく、今まできてしまったパターンもあります。

 

お金の問題は言いづらいので、イヤだと思ったら自然と離れていくなど、これまで指摘もされなかったのかもしれません。

 

それが本人にとって当たり前のデートだったわけです。

 

割り勘が原因だったと気付かないまま50代まできているケースも多いのです。

 

50代大人のデートだからこそスムーズにしてほしいポイントとは?

50代 恋愛事情 割勘 デート

では50代大人のデートで、あるべきスムーズな振る舞いとは、どんなポイントなのでしょうか。

 

まず、会計においては男性は主導権を握ってください。

 

できる限り女性に負担をかけないようにすると、それだけで女性は”この人といると楽しい”と感じます。

 

結果的に女性がスムーズに男性を好きになるきっかけにもなります。

 

ここは自分への投資と考え男らしく支払いたいポイントです。

 

50代という経験値もある大人のカップルが、お店が決まらずあたふたしたり、長時間並んだりするのもスマートとはいえません。

 

普段から自分の行きつけを何か所か作っておくことも良いです。

 

事前の予約をしてデートをリードできるかどうかは、将来を左右すると言っても大げさではありません。

 

こういった行動力を女性はきちんと見ているものです。

 

さいごに

50代 恋愛事情 割勘 デート

いかがでしたか。男女においてお金の問題は言いづらく、シビアな問題ですよね。

もちろん、男性にリードしてもらいたい部分ではありますが、女性も男性がそうしたいと思う振る舞いをしなくてはいけませんね。

 

今回はそんな、お金にまつわる男女の心理をお伝えいたしました。参考になりましたら幸いです。

中高年 シニア オススメ 婚活 中高年 シニア オススメ 婚活アプリ