40歳独身 貯金なし 40代男性 平均貯金額

  • 40代男性の平均貯金額はいくらなの?
  • 独身40代で貯金なしはどんなイメージ?
  • どうしたら貯金できる?貯金する方法5選

お金の感覚はそれぞれで、今をセーブし未来に備える貯金派もいれば、今を楽しむ無貯金派もいます。

しかし、出会った相手に貯金がなければどんなイメージを持つのでしょうか。

今回は最近特に増えている、独身40歳男性にスポットを当てて考えてみたいと思います。

40代男性の平均貯金額はいくらなの?

キャラ

男性の貯金額は、年齢によっても大き変わってきます。

例えば、20代は学生から働き始めの年代なので、初任給も低く当然貯金をする余裕もないですよね。それでもコツコツと頑張り、平均は183万と言われています。

 

次に、30代は仕事自体に慣れてはきますが、部下と上司に挟まれ、飲みに行く回数が最も増える年代ですよね。そういった付き合いなどもあり、そこまで貯金額は伸ばせません。

 

また、独身30代であれば特に、自分にもお金を掛けたい年齢なので、服や趣味などにもお金が掛かります。だからこそ、いわゆるお金を”使う年代”と言われ、平均貯金額は494万と言われています。

 

そしてメインの40歳の時点では、平均600万の貯金が相場だと言われています。

 

特に仕事も軌道に乗り、趣味なども30代に比べれば落ち着いてくる年代なので、40代は貯金を”増やす年代”といわれているのです。

 

だからこそ、50歳までの貯金額平均は1,100万が相場といわれ、40代での貯金額には大きな差があると言われています。

 

まず、平均値である600万を25歳から40歳までの15年で貯めるとなれば、年間40万です。これを一ヶ月で考えると、毎月約34,000円の貯金が必要という計算になるのです。

独身40代で貯金なしはどんなイメージ?

自分好き

40歳で、独身、貯金なしであれば、当然最初に持たれるイメージは自分が大好きな自由人のイメージが付きやすいですよね。

 

特に人生においても、お金においても縛られることを嫌い、自分への投資が好きで、仮に彼女ができても自分以外の事にお金を使うのは嫌だというイメージは付きやすく、時間も自分の為にしか空けないイメージです。

 

だからこそ、どんなに見た目が良くてもなかなか結婚できないのは納得と言ったところでしょう。

 

計画性が全てにおいてない

キャラ

人生において、お金も結婚も計画の一つです。

もちろん、計画したからと言って思い通りにいかない事もたくさんありますが、男性は特に仕事と将来の事を考え、ある程度の計画をもって生きている人が多いです。

 

一方、その場の気分やその日を楽しむスタイルの男性は、インスピレーションや今を大事にする為、人生においての計画を立てる事を嫌い、ながれるままのライフスタイルを好みます。

 

これはどちらが良いという訳ではなく、単純なタイプですが安定を好む女性からすれば、後者は不安で計画性のないイメージが強く、ギャンブルのような要素を持った男性は、なかなか恋愛が難しいでしょう。

 

包容力がない

貯金がない理由として、お金があるのにできないのか、そもそもお金がないのか、この2パターンがあります。

 

しかし、どちらにしても男性の包容力はないと言えるでしょう。例えばお金がある場合なら、将来を考えていない自由さや計画性のなさに包容力を感じる事はできません。

 

また、お金がない場合なら、まだまだ元気に働け頑張れる年代なのに、貯金できるよう仕事をしない事に尚更、包容力のなさを感じます。

どうしたら貯金できる?貯金する方法5選

1.とにかく働く

キャラ

40代は一般的に、お金を増やす年代だと言われています。

なぜなら、まだまだ体力もあり経験もあるので、自分次第ではいくらでも頑張ることができる年代です。

 

特に独身であれば、全てが自分の時間なので時間が許す限りとにかく働くことです。

 

また、昇進の可能性があるものには積極的にチャレンジし、頑張れるうちに精一杯頑張る事で、年収も増えます。

 

2.副業をする

キャラ

40代ともなれば、仕事もある程度落ち付いてくる年代ですよね。

もちろん、中間の立場なのでまだまだ即戦力ではありますが、仕事のノウハウも分かり、部下も出来るので30代の頃に比べれば余裕もあるはずです。

 

だからこそ副業を始める男性は非常に多く、不動産投資やFX、金などに投資し手持ちの財産を少しずつ増やす人も少なくありません。

 

またそれを趣味にしている人も多く、一度コツを覚えて地道に稼いでいる人はたくさんいます。

3.将来設計を立てる

キャラ

40歳独身男性は、日々仕事にも忙しくなかなか具体的な将来設計を立てる事はできません。

しかし、40歳ともなれば少なからず老後の事も頭に過ぎる年代ですよね。では、老後には具体的にどれぐらいの貯えがあればよいか知っていますか。

 

一般的なモデルケースでは3,000万と言われていますが、生活水準によって大きく変わりますよね。

 

また年を重ねる程、医療費など思わぬ出費も増えます。仮に40歳~から65歳までの25年間に3,000万を溜めるとすれば、一年で120万、一ヶ月で10万の貯金が必要です。

 

そう考えると、40歳で貯金がゼロという現実はゆったりしていられないですよね。これはあくまで一例ですが、まず自分の将来設計を立てて逆算すると、貯金に対する意識は変わる事が多いと思います。

 

4.定期預金を組む

キャラ

40年間独身生活が続き、貯金の習慣がないと

 

なかなか自分で貯金する事は難しいですよね。

そんな時は、強制的に貯金ができる定期預金を組むことをオススメします。

 

定期預金であれば、給料からあらかじめ設定した金額が引かれた状態で振り込まれるので、自然と貯金ができるのです。

 

また解約もできますが、手間も掛かる為そのまま定期預金を続ける人は多く、結果的に貯金ができると人気です。

5.結婚する

キャラ

結婚すると、自分のお金が貯まらないイメージを

 

持ちがちですが、意外にもお金が貯まるのが結婚です。

確かに、結婚すれば個人で自由に使えるお金は減るかもしれません。しかし、現代は共働きの夫婦も多く二人のお金で考えれば結構な貯金ができるのです。

 

また食費など、意外と毎日の細かい出費は大きくかさみます。しかし、結婚していればその辺も大幅に抑える事ができるので結婚する事で貯金はできると言えるでしょう。

さいごに

いかがでしたか。40代で独身男性の貯金額は幅も広く、生活スタイルによっても大幅に変わることが分かりましたね。

特に、若ければまだしも40代になり貯金がないと、結婚はおろか恋愛も厳しいのが現実です。

 

だからこそ今からでも少しずづ貯蓄を増やすことが大切ですね。

中高年 シニア オススメ 婚活 中高年 シニア オススメ 婚活アプリ